Project.GangPara.REとは……?

この度、再販の要望を多くいただいているギャングスタ―パラダイスの再販に向けたプロジェクトを始動いたしました。今までギャンパラはカイシンゲームズが主体でやって参りましたが、作者の多忙や能力の限界で長らく活動ができておりませんでした。

今回、他の団体様や小売店、ファンの皆様から多数の再販要望に応えるべく、作者いち個人の力だけでなく、いろいろな方の力を借りる形で、再販に向けてプロジェクトを始めるに至りました。

特に、UDATSU様、Glanz Entertainment様には、熱い思いを強く頂き、この度の発起に至る形になりました。この場をお借りして深く感謝申し上げます。

今回、このプロジェクトは3段階での活動を目標としております。

Act.1『名刺印刷試作版の制作・販売』

箱
今回のギャンパラはカードリストをアップデートし、テキストやルールの改善を行ったニューバージョンになります。そのため、その試作段階の名刺版を制作し、テストを行う予定です。

製品版は制作コストが高く・最低ロットが多く、期間も要するため、精度を上げた形で全国流通を目指したく思っております。そのため、試作段階のものを250セット限定で制作し、調査と活動資金確保を目的に、クラウドファンディングによる製品の予約販売・通販と各種おまけグッズ制作を行います。

Act.2『カード印刷製品版の制作・販売』

試作段階の評価の状況を鑑みて、製品版制作に移ります。Act.1の余剰金を加えつつ、こちらも同様にクラウドファンディングを活用した予約販売・通販・卸売りを予定しております。高クオリティなエンボスのカード印刷とゲームをよりスムーズにするサポートアイテムの充実、アナログゲームとしての完成度の高い商品を目指していきたいと思っています。そして、今まで以上の個数を制作し、全国流通と安定した供給を図れればと思っています。

Act.3『ギャンパラ・シェアワールド』

現在、すでに半ば成功できている目標で、このプロジェクト自体それなのですが、今以上にこのギャンパラを活用した、団体・個人の垣根を超えた、コラボレーションやグッズ制作、イベント展開を行いたいと考えています。具体的な目標はまだ定まっておりませんが、協力いただいた皆様に還元できるよう、なにかしらの面白い展開が図れればと思っております。

以上が、このプロジェクトの概要になります。

まだまだ、ざっくりとした目標しかない状態ですが、多くの皆様と協力し合って、ギャングスタ―パラダイスを愉しめれば、と思っております。どうか、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。