f0274b9b

頬を切るような風。鉛色の空。慈悲の欠片も見当たらない冬の日だった。メリーアンドリューは愛車プリマスを駆り、街を流していた。カーラジオを着け、ダッシュボードの煙草に手を伸ばす。迷いのない一連の動作に、ふと我に返る。若かりし頃に身に付けた所作。現役復帰――そんな言葉が頭を過ぎり、思わず苦笑を漏らした。
――第2話「秘密の花園」より
メリーアンドリューワークスのメリーアンドリュー氏が、
うだわくギャンパラのキャラクターたちが活躍する小説を執筆・連載中!!
第二話が掲載されましたので、紹介させていただきます!

実際の小説は下記リンクから!
 
【NOVEL】ザ・ストーリー・オブ・ギャングスターパラダイス 第2話 - メリーアンドリューワークス