■ストーリー

b1fe4087「あなたがたのボスが死にました」
いかにも英国紳士風な男から悲報を聞いたあなた方、
ギャング団の幹部たちは、裏切り者がこの中にいることに気づいている。

古い体制を変えようとする革新派。亡きボスの意思を継ぐ保守派。
憎き組織を滅ぼさんとする裏切り者。それに付き従う共謀者。
そして、怯えるばかりの臆病者。

それぞれ思惑や思想は違えど、
この犯罪都市(ギャングスターパラダイス)の新たな支配者を目指している!

あなたはこれを期に、自分と違う人間を陥れ、
自らの勝利を手に入れるのだッ!!たとえそれが仮初のものだとしても……。

■ギャングスターパラダイスとは?

交渉と恐喝のカードゲームです。
プレイヤーはギャングの幹部となって、お互い正体を隠匿しつつ、
互いの勝利条件に向けて暗躍・抗争をするゲームとなっております。 

■ゲームの目的

基本的に手札に特定のカードを揃えることが勝利条件になっています。
誰かがその勝利条件を満たした時点でゲームが終了し、得点計算を行います。
いわば麻雀に奪い合いと交渉の要素を加えたゲームです。

■ゲームの特徴 

このゲームでは下記のような特徴があります。

1.手札をいくらでも見せていい!

024KILLERこのゲームにおいて最も特徴的なのは、手札をいくらでも見せて良いことです。
手札を見せることで、敵を威圧したり、カードを脅し取ることが可能です。
また、手札を見せた結果、他プレイヤーの嫉妬やヘイト(敵意)を産み、
狙われる原因になるやもしれません。

2.隠された陣営が協力や裏切りを生む!

005BLACK-LIFE配られた【LIFE CARD】の色はあなたの陣営を表す!
同じ色の人間は協力すれば一緒に勝利者になることができる。

しかし、このカードだけは誰にも公開できず、だれが敵か味方かはわからない。
手札に有るので、手札を見る効果で運が良ければ見れるかもしれないが……!
君は自分の存在を偽ってもいいし、ありのままを語ってもいい。

3.そして殺す。

008GUN【LIFE CARD】を失えば、全ての手札が失われる。
そう、手札を集めることが勝利の目的なのに、だ。
勝ちたければ生きなければならない。勝たせたくないならば殺せばいい。
しかし、殺した相手が味方、なーんてこともあるかもねぇ。

■ゲームの流れ

1.基本カードを配る。
2.それぞれ順番に手番がやってくる。
 ①山札からカードを1枚引く。
 ②2回の行動を行う。行動回数を消費するのは以下の行動。
  -カードを使う(中には行動回数を使わないものもある)
  -カードの交換・受け渡し(一度に何枚でも何種類でも渡せる)
  -特殊行動(武器を売る場をリセットする。山札から1枚引く)
 ③次の人に手番が移る。
3.誰かが勝利条件を満たした時点で終わり。
4.得点計算

基本的にこれだけ!